文化通信 - 『クレージー・ハート』/落ちぶれた歌手の「悲恋」

『クレージー・ハート』/落ちぶれた歌手の「悲恋」

2010/7/8 19:00

★アルコールの失敗は身から出た錆というけれども、この作品はそれをまさに「絵に描いた」というか「地でいった」というのか、そういう映画であって、冒頭から呑み過ぎでふらつく主人公が出てきて、こいつ、きっと何かとんでもないことをしでかすのではないか、と観ている僕らに気を揉ませるのだけれど、そんな複線の張り方は見え見えで、それで映画のつくりは凡庸といえば凡庸で物語の展開はもう透けていても、しかし、それは、もう、そんなことはなんの関係もないぐらい、「ゴキゲン」という、おそらくその言葉はもう死語に近いと思いつつこの映画に関していえば、それはその言葉しか思いつかない。

★何が「ゴキゲン」か? 主演のジェフ・ブリッジスの見事な演技と彼の歌だろう。彼がステージで熱唱する声が劇場内に響き渡る。野太く、渋く、テンポのいいカントリーミュージック、それに合わせた彼の歌声。僕の体は動いていた。それに彼の演技がいい。いつからこんなに上手く
なったのか。脇を固める俳優人もいい。ジェフの恋人役のマギー・ギレンホール、友人のロバート・デュヴァル、それに売り出し中の若手アクション俳優のコリン・ファレル。ジェフ・ブリッジスは本作でアカデミー主演男優賞を獲得している。

★かつては一世を風靡した歌手、57歳のバット・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)はアルコール依存症で、腹が出すぎていて、ジーンズの第一ボタンを外してバンドを緩めないと運転ができない。車にギターだけを積んで西部の安酒場をまわって歌って稼ぐ旅から旅への生活をしている。酒はステージに上がる直前でも呑む。呑み過ぎて舞台裏のゴミ箱に吐きながら歌う。ある日、地元の新聞社の取材を受ける。やってきた記者はジーン(マギー・ギレンホール)、4歳の男の子を持つシングルマザーだった。2人は親密になるが……。

★ところでこの映画の魅力は音楽の素晴らしさだ。音楽を製作したのはT=ボーン・バーネットとライアン・ビンカム。バーネット、アカデミー主題歌賞(THE WEARY KIND)を獲得した。2人は「ウォーク・ザライン/君につづく道」でも音楽を製作している。この映画の音楽も素晴らしかった。DVDが出ている。
 監督はこの「クレージー・ハート」が第1作目の、俳優出身のスコット・クーパー。相手役のマギー・ギレンホールは若手実力俳優のジェイク・ギレンホールの姉だ。ギレンホールの父親は映画監督、母親は脚本家である。映画一家だ。弟もそうだが姉も演技が上手い。彼女は何度もゴールデン・グローブ賞の候補にあがっている。作品に恵まれたらアカデミー賞をとるだろう。
 僕はミュージカルをほとんど観ない。しかしこうした映画音楽は好きだ。先ほどの「ウォーク・ザライン」(ジェームズ・マンゴールド監督 05年度)「アメリカン・グラフィティー」(監督ジョージ・ルーカス 73年度)、「ザッツ・エンターティメント機廖粉篤張献礇奪・ハーヴェイ 74年度)、「ブルース・ブラザーズ」(監督ジョン・ランディス 80年度)をお勧めする。いい音楽映画は仕事などで落ち込んだとき、ほんの少しかもしれないが、前に向かう勇気を与えてくれる。
2010年7月12日 月藻照之進

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2629)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/culture/tb.php/11
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 333
今月 : 27718
総計 : 1883441

ページトップ