情報資料室 - 長時間労働 4416事業所に是正勧告 厚労省

長時間労働 4416事業所に是正勧告 厚労省

2017/1/20 14:11
毎日新聞2017年1月18日 東京朝刊
http://mainichi.jp/articles/20170118/ddm/041/040/106000c
 
 厚生労働省は17日、長時間労働が疑われる1万59事業所に対して2016年4〜9月に監督指導を実施した結果、4416事業所(44%)で労使協定を超えた違法な時間外労働があり、是正勧告(行政指導)したと発表した。うち3450事業所(34%)では、厚労省が過労死のリスクが高まると位置づける「過労死ライン」(月80時間の残業)を超える時間外労働が確認された。
 
 同省によると、前年同期に4861事業所を監督指導した際に過労死ラインを超える残業があったのは2917事業所。1カ月の残業時間別の事業所数の内訳は▽80時間超〜100時間以下=1031▽100超〜150時間以下=1930▽150超〜200時間以下=373▽200時間超=116−−だった。【早川健人】
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (56)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/1953
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 555
今月 : 27940
総計 : 1883663

ページトップ