情報資料室 - ヤマト、従業員9200人増へ 長時間労働問題に対応

ヤマト、従業員9200人増へ 長時間労働問題に対応

2017/5/4 21:38

朝日DIGITAL 2017年5月3日
http://digital.asahi.com/articles/ASK534VX0K53ULFA005.html

 ヤマトホールディングスは宅配ドライバーらの長時間労働問題に対応するため、2017年度にグループの従業員を約9200人(4・5%)増やす計画だ。前年度も約5200人増やしたが、荷物量の増加ペースに追いつかず、違法な労働が常態化していた。荷物量の抑制とともに人員増にも取り組み、労働環境の正常化をめざす。

特集:ヤマトホールディングス

 契約社員を含むフルタイム勤務を約4200人、パートを約5千人増やし、従業員数を計約21万人にする予定。ネット通販大手アマゾンとの取引を本格化した13年度(約1万6千人増)以来の規模の人員増になる。

 ただ、人手不足を背景に採用環境は厳しさを増しており、計画通りに人数を確保できるかは不透明だ。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (74)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/2007
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 699
今月 : 29546
総計 : 2061237

ページトップ