情報資料室 - 大和ハウスで違法残業、月109時間 労基署が是正勧告

大和ハウスで違法残業、月109時間 労基署が是正勧告

2017/9/29 23:40

 朝日DIGITAL 2017年9月29日

http://digital.asahi.com/articles/ASK9Y5SJZK9YULFA02L.html

大手住宅メーカーの大和ハウス工業が、埼玉県内の支社で働いていた20代の男性社員に違法な長時間労働をさせたとして、埼玉労働局川越労働基準監督署(埼玉県川越市)から是正勧告を受けていたことが分かった。勧告は6月29日付。

男性が加入する「ブラック企業ユニオン」が今月29日、記者会見して明らかにした。男性は大学を卒業後、2014年4月に新卒で入社。埼玉西支社の営業職として、日中はモデルルームなどで住宅販売の営業をこなす一方、資料作成などで深夜まで仕事に追われていたという。

大和ハウスは、残業時間の上限を労使で定める「36(サブロク)協定」で、繁忙期に適用する上限を月80時間としていたが、同労基署によると、15年5月に月109時間の残業をしていたという。男性は長時間労働が原因でうつ病を発症し、16年5月に退職した。取材に対し、大和ハウスの広報担当者は「このようなことが再び起きないよう、労働時間管理を徹底する」としている。(米谷陽一)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (89)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/2111
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 302
今月 : 22247
総計 : 2209161

ページトップ