情報資料室 - 過労自殺 建設コンサル会社、社員遺族と和解 札幌

過労自殺 建設コンサル会社、社員遺族と和解 札幌

2017/10/14 17:37
毎日新聞 2017年10月14日 東京朝刊

https://mainichi.jp/articles/20171014/ddm/041/040/066000c

 札幌市の建設コンサルタント会社「日本データーサービス」の男性社員(当時28歳)が2015年に自殺したのは、長時間労働による過労が原因として、両親が同社に約9700万円の損害賠償を求めた訴訟は13日、札幌地裁(武藤貴明裁判長)で和解が成立した。会社側が使用者責任を認め、賠償金を支払う。金額は非公表。

 訴状などによると、男性は14年4月に入社。中学校改修の設計を担当していた15年2月、自宅で首をつり死亡した。直前4週間の時間外労働は208時間で、厚生労働省が「極度の長時間労働」として労災認定の目安としている160時間を大幅に超えていた。

 両親は15年8月、安全配慮義務違反があったとして提訴。会社側は当初、過重労働はないとして争っていたが、和解の方針に転じた。原告側代理人によると、和解条件には、会社が長時間労働対策に取り組むことも盛り込まれた。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (70)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/2120
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 1262
今月 : 25549
総計 : 2171397

ページトップ