情報資料室 - 安倍首相、データ誤用「深くおわび」=裁量労働、法案撤回せず

安倍首相、データ誤用「深くおわび」=裁量労働、法案撤回せず

2018/2/21 0:09

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=20日午前(省略)

 衆院予算委員会は20日、社会保障と人づくり革命などに関する集中審議を行った。裁量労働制をめぐる厚生労働省のデータ誤用問題について、安倍晋三首相は「性格の異なる数値を比較していたことは不適切で、深くおわびしたい」と陳謝した。しかし、首相と加藤勝信厚労相は、裁量労働制拡大を盛り込んだ「働き方改革」関連法案を撤回せず、今国会に提出する方針を重ねて示した。立憲民主党の長妻昭代表代行への答弁。

連合会長「印象操作的、罪は重い」=裁量労働のデータ疑義に

 長妻氏は、データ作成に当たり、同法案を推進する首相官邸サイドからの「つぶやきがあったのではないか」と追及。これに対し、首相は「経緯を官邸内でもう一度よく調べた。私や私のスタッフから指示を行ったことはない」と否定した。

 長妻氏は「データが誤っていたなら一からやり直してほしい」と同法案の提出断念を求めたが、加藤氏は「準備が整い次第提出したい」と明言。首相も「労働時間が長くなる懸念があることから、健康確保措置を強化することとした」と法案の意義を強調した。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (144)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/2178
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 77
今月 : 7485
総計 : 2490157

ページトップ