情報資料室 - 新生銀が兼業・副業を解禁 大手銀で初の取り組み

新生銀が兼業・副業を解禁 大手銀で初の取り組み

2018/4/2 0:15

 朝日DIGITAL 2018年3月29日

https://digital.asahi.com/articles/ASL3Y42KML3YULFA00K.html

新生銀行は29日、社員の兼業や副業を4月から認めると発表した。本来業務以外に仕事や交流の場を持ち、創造性の高まりやネットワークの広がりが期待できるとしている。大手銀では初の取り組みという。正社員と嘱託社員を合わせた約2700人が対象。

個人で事業を営むほか、親族の事業、他社の従業員として雇用されることなどが認められる。ただ競合他社への従事や深夜業務などは禁止する。これまでは情報漏洩(ろうえい)の不安があるため全面禁止していた。

働き方改革や女性の活躍推進の取り組みの一環で採り入れた。従業員本人が申請し、所属長などが可否を判断する。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (109)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/2205
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 115
今月 : 18376
総計 : 2474576

ページトップ