情報資料室 - フレックスタイム制の導入企業割合は40%超/経団連 (9/17)

フレックスタイム制の導入企業割合は40%超/経団連 (9/17)

2019/9/22 16:50

フレックスタイム制の導入企業割合は40%超/経団連

 経団連は17日、「2019年労働時間等実態調査」集計結果を発表した。平均時間外労働時間(年間)は、2016年の237時間から2018年は223時間と減少傾向にある。
弾力的な労働時間制度の活用状況では、フレックスタイム制を導入している企業の割合は40%を超えている一方で、裁量労働制を導入していない企業は8割を超えている。
また、生産性を向上させる技術(AI、IoT、RPAなど)を導入・運用し、生産性向上の成果が見られるとの回答は26.5%だとしている。
http://www.keidanren.or.jp/policy/2019/076.pdf
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (47)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/2368
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 124
昨日 : 696
今月 : 18207
総計 : 2718504

ページトップ