情報資料室 - ILO 声明「女性に対する暴力撤廃の国際デー」 (11/25)

ILO 声明「女性に対する暴力撤廃の国際デー」 (11/25)

2019/11/26 12:12

ILO 声明「女性に対する暴力撤廃の国際デー」

(W)ILOがハラスメント条約に基づいて「国際デー」を設定し、声明を出しました。英文を試訳しました(脇田滋)


 仕事の世界における暴力とハラスメントを終わらせる

 女性に対する暴力撤廃の国際デー

 仕事の世界における暴力とハラスメントを終わらせる

 「暴力とハラスメントは、ディーセント・ワーク(Decent Work)に対する最大の脅威の1つです。これ以上言い訳はできません。一緒に第190号条約の約束をすべての人にとって現実となるようにしましょう」とILO事務局長は述べています。

 声明 2019年11月25日

 この国際デーでは、世界がレイプや女性に対するあらゆる形態の暴力やハラスメントに反対しています。女性に対する暴力は、最も一般的な差別の形態の一つであり、女性の尊厳、自律、独立を損なう最も陰険な(insidious)手段の一つです。
仕事の世界における暴力やハラスメントは、職業や地位を考慮しません。どんな国、部門、職業も免責されません。
暴力とハラスメントは終了する可能性があり、また終了させなければなりません。2019年6月、世界中の政府および雇用主および労働者の組織は、暴力およびハラスメント条約(第190号)およびそれに伴う勧告(第206号)を採択しました。私たちは、初めて暴力とハラスメントのない仕事の世界に対するすべての人の権利を定め、その権利がどのように実現できるかを示す国際条約を持っています。
この約束は、具体的かつ実践的な行動に変える必要があります。したがって、女性に対する暴力撤廃のこの国際デーに、ILOはこの画期的な条約の最も広範な批准を求めています。批准は、国内法、予防システム、効果的な救済方法の採用と施行を含む、現場での行動を加速します。
仕事の世界における暴力とハラスメントには、人的、社会的、および経済的に莫大な費用がかかります。暴力とハラスメントは、ディーセント・ワーク(Decent Work)に対する最大の脅威の1つです。もう言い訳はやめましょう。第190号条約の約束をすべての人にとって現実となるようにしましょう。

https://www.ilo.org/global/about-the-ilo/how-the-ilo-works/ilo-director-general/statements-and-speeches/WCMS_730737/lang--en/index.htm
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (80)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/data/tb.php/2442
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 194
昨日 : 704
今月 : 5552
総計 : 2752458

ページトップ