情報資料室 - 最新エントリー

2010/ 07/ 06朝日新聞 朝刊

参議院議員の任期は6年。私たちの生活を支える仕組みはこの6年でみても大きく様変わりし、それにかかわってきた人たちのくらしを揺さぶってきた。挫折や失望を繰り返しながらも、これからの社会が良くなることを願って一票を託す有権者たち。過熱する消費税論議のかげに隠れがちな視点を4回にわたって考えたい。

派遣会社の営業マンから、1人で加入できる労働組合(ユニオン)スタッフへ。そんな選択をした20代の若者たちがいる。

4年前。地域労組おおさか青年部の書記長を務める中嶌(なかじま)聡さん(27)は、外資系の大手人材会社の新人営業マンとして、神戸の街を駆け回っていた。

多い日は1日50社を飛び込み訪問、人事担当者に派遣社員の活用を売り込んだ。
 「3カ月更新なんで、あかんかったらすぐ切れますよ」
 「退職金や賞与もいりません」

繰り返すセールストーク。一方で、何人もの派遣スタッフから「正社員の仕事はないですか」と聞かれた。これで誰が幸せになるのか――。

疑問と自己嫌悪が積み重なって退社した2008年6月、「秋葉原事件」が起きた。元派遣社員の男性が、歩行者天国にトラックで突っ込み、17人を殺傷した。暗い衝撃だった。

退社の3カ月後、1人でも加入できる労働組合「首都圏青年ユニオン」(東京)で研修を受けた。ダンコー(団体交渉)の意味も知らない素人から、労働運動の渦中に飛び込んだ。

青年部では10〜30代の雇用トラブルを支援。孤立した若者が音楽やカフェを楽しみ交流する「ユニオンカフェ」(月1回)、ほぼ毎日配信のメルマガ「365日 働くルール」など、新たな風を吹き込む。

残業代未払い、雇用保険未加入は当たり前。若い世代の雇用は想像以上に劣化していた。
 「正しくキレよう」。中嶌さんは苦しむ若者に呼びかける。「サービス残業、パワハラ、セクハラ。我慢の先にあるのは過労死か心の病だ。でも本当にキレたら犯罪になる。どうせなら民主主義のルールにそって正しくキレる。それを実践する方法がダンコーだと思うんです」

先月18日のユニオンカフェのテーマは参院選だった。「うちらにとって選挙って何?」を切り口に数人一組でトークした。冷めた意見も続いたが、粘り強く会話をつないだ。

 「選挙は『正しくキレる』を実践する場のひとつ。派遣法改正案は、僕から見れば抜け穴だらけだが、無関心でいればすんなり成立してしまう。大切なのは、多くの若者たちが正しくキレて、世の中に発信することだと思う」 

もう1人、派遣会社の内側からその矛盾を問い続けた若者がいる。6月から派遣ユニオン(東京)の専従スタッフとなった星野雄一さん(29)だ。

06年1月、日雇い派遣を看板にする大手人材会社グループ企業の正社員になり、内勤職場も営業回りも経験した。
 忘れられない出来事がある。

「今日お金がもらえないと何も食べられない」。ある日、年配の男性スタッフから、悲痛な声で電話があった。給料の日払いは午後7時まで、と決まっていたが、残業で間に合わなかったのだ。別の日には顔見知りの若い派遣スタッフが、横浜駅でゴミ箱をあさっている姿を偶然見かけた。なぜ働いているのに、こんなに追い込まれているのか――。

「彼らは毎日失業し、明日あさって食べられるかわからない。直感的に異常な感じがしました」

星野さんら正社員と派遣スタッフは06年秋、大手人材会社のなかにユニオン(労組)を結成。星野さんは委員長となった。「太め」「容姿老」「不潔感」「茶髪」などスタッフの外見情報をデータ登録していた問題や、給料からの不当天引きの問題などを会社に突きつけた。

日雇い派遣ユニオンはその後、別の大手人材会社にも拡大。違法派遣などの暗部が次々と浮き彫りになり、派遣法改正への流れをつくった。

組合活動の先頭に立つ一方で、職場の雰囲気は厳しかった。上司のパワハラで追い込まれ、一時はうつ状態で薬が手放せなくなった。労使交渉を重ねた末、昨年秋に退社を決めた。

ユニオンの専従スタッフになり1カ月、人材会社などの団体交渉に毎日のように出た。
 「いまも不安定な働き方はあちらこちらに残っている。選挙では、本気でこういう働き方をなくしてくれる党や候補に入れようと思っています」(清川卓史)

◆規制緩和で急速拡大 安定雇用が政治課題
規制緩和の流れにのって2000年代に急速に広がった派遣労働。労働者派遣法が1986年に施行された当初、派遣は専門的な業種に限られていたが99年、建設、医療、製造業などをのぞいて対象業種が原則自由化され、04年には製造業への派遣も解禁された。

一方で、1日単位で契約を結ぶ「日雇い派遣」が多くの職場に広がり、ワーキングプアの温床と批判された。禁止業務への違法派遣などで大手人材会社が相次いで事業停止命令を受け、業界の体質も問われた。

08年末には、米国初の金融危機による世界不況のため、大企業の工場で働いていた派遣・請負労働者らが一斉に職や住まいを失う「派遣切り」が起きた。非正規雇用の不安定さが浮き彫りになった。

こうしたなか、政府は規制緩和から労働者保護へかじを切った。製造業派遣、日雇い派遣の原則禁止などを盛り込んだ派遣法改正案を国会に提出。鳩山前首相退陣の余波で成立せず、継続審議となっている。

厚生労働省のまとめでは、08年10月以降、職を失った非正規労働者は累計28万人(9月までの予定含む)を超えた。政府は住宅手当の支給などの緊急支援を実施。こうした「第2の安全網」の充実をどう図っていくかも選挙の論点になっている。

■派遣労働をめぐるこの6年
 04年 製造業への労働者派遣を解禁
 06年 大手メーカー工場で、労働者派遣法にふれる「偽装請負」が広がっていることが問題に
 07年 人材派遣大手フルキャストの違法派遣で厚労省が事業停止命令
 08年 日雇い派遣大手グッドウィルに事業停止命令(1月)、その後廃業(7月)▽「派遣切り」が相次ぎ、家などを失った人を支援する「年越し派遣村」が開村(12月)

10年 「製造業派遣」「日雇い派遣」を原則禁止する労働者派遣法改正案を閣議決定(3月)、改正案は国会で継続審議に(6月)

 【写真説明】(掲載省略)
 「ユニオンカフェ」で選挙について語り合う中嶌聡さん=6月18日、大阪市中央区、中里友紀撮影
 派遣ユニオンで電話相談に応じる星野雄一さん=東京都新宿区、清川写す

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3791)
  長引く不況で、厳しい雇用情勢が続いている。失業率は5%台で高止まりし、学生の就職内定率も低迷している。背景には90年代以降、経済の荒波を乗り切るために講じられてきた労働市場の規制緩和がある。雇用のあり方の再構築が迫られている。7月8日 【野口武則、三沢耕平】
 ◇脱「株主至上主義」の芽
 「社長を2カ月無給にする」。世界同時不況の引き金となった米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻(はたん)から1カ月後の08年10月。多くの製造業が派遣労働者のリストラに踏み切る中、半導体大手エルピーダメモリは、坂本幸雄社長を含む役員の減俸を発表した。非正規労働者はいたが雇用を継続した。同社は「雇用に手をつけず業績を回復させるというメッセージだった」(パブリックリレーションズグループ)という。
 同社の決断を、ニッセイ基礎研究所の百嶋徹主任研究員は「株主に対する意思表明にとどまらず、社内の求心力を保つ効果が大きかったのではないか」と評価。さらに「立場の弱い労働者を雇用契約に従って真っ先に解雇するなら、企業の社会的責任を果たしているとは言えない。企業とは、行政やNPO法人と同じく、社会課題を解決するための組織であるべきだ」と指摘する。
 厚生労働省によると、07年度の派遣労働者数は約399万人だったのに対し、08年度は230万人と4割以上急減した。リーマン・ショックの影響で大量の派遣労働者がリストラされたことが影響しているとみられる。
 派遣労働者を「調整弁」に経済危機を乗り切ってきた製造業。百嶋氏は「派遣切りの背景には、短期的な利益を求める株主至上主義があるのではないか」と分析する。
 株主至上主義は、ライブドアや村上ファンドの敵対的買収が注目を集めた05年前後に台頭した。リストラをしてでも利益を上げて株価を引き上げなければ、買収のリスクがしのびよる。リストラを経験した製造業大手の首脳は「雇用を犠牲にするたびに我々経営者は『会社は誰のものか』という問いかけに苦しんだ」と明かす。
 派遣法は86年に施行され、通訳など専門性の高い13業務に限って始まった。その後、円高不況やバブル経済の崩壊、金融危機など、時々の日本経済の危機に対処するかのように対象業務は拡大され、99年には製造業を除き原則自由化。その製造業派遣も04年に解禁され、企業が雇用調整しやすい環境が整備された。派遣労働者数は86年に約14万人だったのが、10年後には86万人、原則自由化となった99年には139万人にまで拡大した。
 雇用の流動化は、若年層の働く意識も変化させた。日本生産性本部が今年4月に実施した意識調査によると、終身雇用を希望する新入社員は57・4%で、6年連続で過去最高を更新した。
 日本能率協会経営研究所の同様の調査でも終身雇用を望む新入社員が49・6%と10年前の2倍に達した。馬場裕子主任研究員は「厳しい就職戦線と雇用環境悪化による将来不安によるもの」と指摘。「若者の安定志向が強まることで、ベンチャー志向を弱めていくことになり、経済成長や企業の生産性にとってもマイナスになるのではないか」と語る。
  ◇民主、支援法制化を 自民、環境整備を
 民主党は雇用を巡る公約のトップに、昨年の衆院選公約に引き続き「求職者支援制度」法制化を掲げた。雇用保険を受けられない失業者が生活保護対象となることを避けるため、生活支援と職業訓練を同時に行う「第二のセーフティーネット」を目指している。ただ、制度化すれば毎年1000億円程度が必要になるとみられ、財源次第という面もある。
 原形は、自民党政権時代の昨年7月、経済対策の一環として3年間の期限付きで設けられた「緊急人材育成・就職支援事業」。訓練と同時に月10万円(扶養家族がいれば月12万円)を支給する。6月29日現在の対象者は約3万6000人。公明党も「制度の恒久化」を打ち出した。
 社会問題化した派遣労働など非正規雇用を巡っては、製造業への派遣を原則禁止する労働者派遣法改正案が衆院で継続審議になっている。民主は、非正規労働者や長期失業者へのマンツーマンでの就職支援を掲げたほか、公明、共産、国民、社民など各党が正規雇用への転換を進める考え方を示した。
 これに対し、自民は就職・転職しやすい環境整備を提唱。たちあがれは「雇用の移動が経済成長の条件」として、中小企業や地方への転職を支援する考えだ。みんなも同一労働・同一待遇を基本に正規・非正規間の流動性確保を掲げる。
 公明、共産、たちあがれの各党は未就職のまま卒業する学生の就職機会を広げるため、「新卒要件の3年間の延長」など採用ルールの見直しを打ち出した。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3016)

中日新聞 2010年6月15日 朝刊(共同通信配信)

過労が原因でうつ病などの精神疾患にかかり、2009年度に労災申請した人が前年度より209人増の1136人で過去最高だったことが、厚生労働省のまとめで分かった。労災認定された人は35人減って234人で過去3番目に多く、このうち未遂を含む自殺の認定は3人減の63人だった。

厚労省は患者数自体が増えていることや、昨年職場での精神疾患に関する労災認定基準を改正し新たな項目を加えたことが約22%も申請が増えたことにつながったとみている。同省は職場の健康診断に精神疾患に関する項目を追加することを柱とする自殺防止対策をまとめている。

労災認定された234人について原因となった出来事をみると、「仕事内容に大きな変化があった」が55人(うち自殺23人)と最も多く、「悲惨な事故や災害の体験をした」が37人(同0人)、「勤務・拘束時間が長時間化した」が25人(同13人)など。

就業形態別では正社員が207人、パート・アルバイトが15人、契約社員が6人、派遣労働者が4人など。

一方、脳梗塞(こうそく)など脳・心臓疾患で労災申請した人は122人減の767人で、認定者数は84人減の293人。うち死亡したケースの認定は106人で、52人減った。

認定されたうち、職種別で多かったのは自動車運転者が84人、商品販売が33人、一般事務が25人。1カ月の平均残業時間は80?100時間が最多で119人。100時間以上も143人いた。

当初労災と認められず、審査請求や訴訟で逆転認定されたのは精神疾患で13人(うち自殺11人)、脳・心臓疾患で10人(うち死亡6人)。

精神疾患に関する訴訟の提起は37件(前年度34件)で過去最多だった。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3021)

毎日JP 5月26日

厚生労働省が26日発表した2009年度の労働者派遣事業の報告集計(速報版)によると、派遣労働者として働いていた人は延べ約230万人で、前年度の確定値に比べて42.4%減と、5年ぶりに減少した。

減少率は過去最大。08年秋以降の世界的な景気後退で、製造業などを中心に人材派遣契約を打ち切る“派遣切り”が相次いだことが大幅減につながった。

ただ厚労省は「中小を中心に対象事業所の約4割がまだ事業報告書を提出していないため、確定値の人数はこれより多くなる」と説明。09年度の大幅減少はほぼ確実だが、速報値より減少率が縮小する可能性が高いとしている。

速報によると、仕事がある時だけ雇用契約を結ぶ登録型派遣で働いていた人は約159万人。派遣会社の正社員などとして長期間働く常時雇用労働者は約70万人だった。

09年6月時点で、製造業で働いていた派遣労働者は約19万人と推定。前年同期の確定値より58.9%減と大幅に減った。

同省によると、これまでは派遣会社の事業年度終了から3カ月以内の報告書提出を義務付けていたが、今回から1カ月以内に短縮。このため、期間内の提出が間に合わない事業者が相次いだという。確定値は9月末ごろに発表する予定だ。

政府は、製造業派遣や登録型派遣を原則禁止する労働者派遣法改正案を国会に提出中。改正案が成立し、施行されれば製造業派遣で働く人はさらに減少しそうだ。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3144)

 2010年4月22日の本欄に転載した「朝日新聞」記事の参考資料として、2009年「賃金構造基本統計調査」から作成した職業別時給表を示します。 第35回連続講座も合わせて参照してください。

         男女計・職業別時給表 2009年「賃金構造基本統計調査」より
                                                        (単位:円)
 
大学教授                         5899     介護支援専門員(ケアマネージャー)             1827
航空機操縦士                   5600     機械検査工                                      1821
医師                                5383     鉄工                                                1814
公認会計士、税理士          4799     大工                                                1798
大学准教授                      4470     電気めっき工                                     1787
記者                               3823     金属プレス工                                     1775
大学講師                         3601     仕上工                                             1770
歯科医師                         3550     プログラマー                                      1766
高等学校教員                  3469     重電機器組立工                                 1760
弁護士                            3436     自動車整備工                                    1751
不動産鑑定士                   3331     とび工                                              1743
電車運転士                      3193     ガラス製品工                                     1733
電車車掌                         3051     型枠大工                                           1731
自然科学系研究者            3048     営業用バス運転者                              1703
航空機客室乗務員            2867     守衛                                                 1700
発電・変電工                    2772     紙器工                                              1696
システム・エンジニア          2690     ワープロ・オペレーター                         1696
圧延伸張工                      2553     社会保険労務士                                 1688
一級建築士                      2541     配管工                                              1683
各種学校・専修学校教員    2531     電子計算機オペレーター                      1673
獣医師                             2510     織布工                                             1671
薬剤師                             2439     百貨店店員                                       1670
技術士                             2409     栄養士                                              1656
化学分析員                       2353     建設機械運転工                                1653
診療放射線診療X線技師     2299     営業用大型貨物自動車運転者             1641
看護師                              2285     土工                                                1616
一般化学工                       2258     幼稚園教諭                                       1609
製鋼工                              2245     左官                                                1604
鉄鋼熱処理工                    2244     歯科衛生士                                       1597
掘削・発破工                      2242     木型工                                             1592
自動車組立工                    2223     自家用貨物自動車運転者                   1585
旅客掛                              2216     保育士(保母・保父)                            1582
非鉄金属精錬工                 2191     バフ研磨工                                       1574
臨床検査技師                    2185     鉄筋工                                             1552
製紙工                              2153     建具製造工                                      1518
型鍛造工                           2148     プリント配線工                                  1517
自動車外交販売員              2123     販売店員(百貨店店員を除く)               1517
ボイラー工                          2090     キーパンチャー                                  1508
機械修理工                        2081     調理士                                            1507
機械製図工                        2079     福祉施設介護員                               1501
保険外交員                        2075     製材工                                            1489
港湾荷役作業員                  2068     自家用乗用自動車運転者                  1485
機械組立工                        2047     通信機器組立工                                1448
家庭用品外交販売員           2036     用務員                                             1433
半導体チップ製造工             2016     看護補助者                                      1421
准看護師                           2010     精紡工                                             1417
電気工                              1992     営業用普通・小型貨物自動車運転者     1416
クレーン運転工                   1988     娯楽接客員                                       1415
玉掛け作業員                     1981     家具工                                             1339
化繊紡糸工                        1959     はつり工                                           1335
オフセット印刷工                 1935     軽電機器検査工                                 1331
デザイナー                         1933     パン・洋生菓子製造工                         1324
理学療法士、作業療法        1929     ホームヘルパー                                  1317
フライス盤工                       1925     警備員                                              1280
鋳物工                              1922     給仕従事者                                        1264
板金工                              1914     理容・美容師                                      1244
金属・建築塗装工               1901     陶磁器工                                           1229
測量技術者                       1899     タクシー運転者                                    1154
旋盤工                              1897    スーパー店チェッカー                             1134
合成樹脂製品成形工          1887     ビル清掃員                                         1103
個人教師、塾予備校講師     1885     洗たく工                                             1086
金属検査工                       1881     調理士見習                                         1054
歯科技工士                       1870     洋裁工                                                 903
溶接工                              1842     ミシン縫製工                                         868
プロセス製版工                  1833                  
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4011)

朝日新聞 2010年4月18日朝刊

働く人の2009年の平均時給は前年より35円少ない2228円で、1995年以来14年ぶりの低水準だったことが、第一生命経済研究所の分析で明らかになった。08年秋以降の不況では、製造業などの残業時間の減少が賃金水準が下がる大きな要因とされているが、時間当たりの賃金が抑えられたことも、「賃金デフレ」を加速させているようだ。

厚生労働省による「賃金構造基本統計調査」の年収や労働時間のデータをもとに算出した。

勤労者全体の平均時給は、直近のピークが01年の2328円で、8年間で100円下がったことになる。前年からの減少幅は03年が44円、04年が25円と大きかった。06年から08年にかけて計10円上昇したが、09年は世界的な不況で再び大幅悪化に転じた。

非正社員が「雇い止め」などで真っ先に雇用調整の対象になったのに対し、賃金抑制の圧力は、年功カーブの平準化や賞与カットなどで主に正社員に向かったとみられる。

同研究所の熊野英生・主席エコノミストは「賞与の回復が見込める今年は、大幅な時給減少には歯止めがかかるだろう。しかし、賃金体系が元に戻ることは期待しにくく、賃金デフレからの脱却は当面難しい」と指摘する。

職業・男女別では「大学教授・男性」の時給が最も高く、5985円。「医師・男性」が5708円、「パイロット・男性」が5608円、「公認会計士、税理士・男性」が4961円と続く。(江渕崇)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3392)

2010年1月29日 毎日JP

過労死企業公開訴訟: 「社会的批判を」原告が陳述

過労死や過労による病気で従業員が労災認定を受けた企業名の公開を国に求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、大阪地裁であった。飲食店店長だった夫(当時49歳)を過労自殺で亡くした原告の寺西笑子(えみこ)さん(61)=京都市=が「過労死や過労自殺をさせるのは企業犯罪。社会的批判にさらされるべきだ」と意見陳述した。国側は請求棄却を求めた。

寺西さんは陳述で書面を力強く読み、「労災申請と民事訴訟を通じて事実の解明に10年以上もかかった。しかし、悲しみは深まり、今も心の傷が癒えない」と心情を吐露。「過労死や過労自殺をさせた企業には何の社会的制裁もない。公開によって若い人の企業選びに役立つ」と企業名公開の意義を訴えた。

寺西さんは昨年3月、大阪労働局に情報公開請求したが、「個人の特定につながる」として開示されなかったため、不開示処分の取り消しを求めて提訴した。【日野行介】

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3579)

規制緩和から労働者保護へ 

派遣法改正 報告案どうみる

「しんぶん赤旗」12月24日

労働者派遣法の改正審議が大詰めを迎えました。25日の労働政策審議会労働力需給制度部会で最終報告がまとめられる予定です。報告案を検証してみると―。(深山直人)

報告案は、不安定な「登録型派遣」(仕事のあるときだけ労働契約を結ぶ)について、「常用雇用以外の労働者派遣を禁止する」とし、専門26業務などをのぞいて原則禁止。「派遣切り」で改めて問題になった製造業派遣についても、「常用雇用」を例外として原則禁止するとしています。

また、「偽装請負」など違法派遣が行われた場合、派遣先が派遣労働者に「労働契約を申し込んだとみなす」規定を導入。労働者が受諾すれば派遣先に直接雇用されるようにするとしています。

派遣労働は、“臨時的・一時的業務に限定し、常用労働者の代替にしない”という大原則で認められたものです。ところが、1999年に原則自由化、2003年には製造業にまで解禁されるなど、規制緩和で野放しにされてきたことが、派遣切りを生みました。

しかし、昨年出された自公政権の改正案は、登録型にも製造派遣にも一切手を付けず、超短期雇用を繰り返す「日雇い派遣」だけを原則禁止するものでした。偽装請負など派遣先が違法行為をしても、行政が派遣先に直接雇用の勧告をするだけにとどまっていました。

これに対して報告案が、登録型派遣や製造業派遣について「原則禁止」とし、「みなし規定」を導入したことは、長らく続いた規制緩和から規制強化・労働者保護へと転換を求める労働者のたたかいが反映したものです。

その上で、労働者・国民が求める抜本改正とするには、ただすべき問題点が残されています。

登録型・製造業は禁止

一つは、登録型派遣や製造業派遣で、「常用雇用」を禁止の例外としていることです。

「雇用が安定している」というのが理由ですが、「常用雇用」といっても、厚労省「業務取扱要領」では、短期の派遣契約でも繰り返して1年を超えれば「常用」と見なされることになっています。これでは不安定な短期契約が温存されることになってしまいます。

審議会でも労働者委員から「常用雇用だといっても安定性が高いとはいえない。問題のある雇用が継続される」との意見が上がりました。常用雇用とは「期限の定めのない雇用」だと明記することが求められます。

しかも、製造業派遣は偽装請負など違法派遣がまん延しており、派遣法の原則に背く「常用代替」が明らかであり、例外を設けることなく全面禁止することが求められます。

「みなし規定」について、派遣先が就労させない場合、行政による勧告にとどまっていることも問題です。

現行法でも大企業は行政から指導を受けても従おうとしないのが実際です。日本労働弁護団は、みなし規定が「民事的効力」を有することを明記するよう主張。全労連は「罰則を含めた行政の介入を明記して、派遣先との労働契約の成立を担保する制度とすべきである」と求めています。

また、直接雇用される場合の契約期間について、派遣元と結んでいたのと同じ契約期間となるとしています。これでは、直接契約後に短期間で雇い止めされてしまいます。全労連などは「期間の定めのない雇用」とするよう求めています。

均等待遇・責任強化を

派遣労働者と派遣先の労働者の「均等待遇」については、「均衡を考慮する」との規定にとどまっています。

ヨーロッパでは当たり前の原則ですが、日本では正規労働者と同じように働いていても「賃金は半分以下」など劣悪な状態におかれ貧困と格差の元凶になっています。全労連などは「均等待遇の義務づけ」を求めています。

企業が派遣労働者を使う大きな動機は「人件費の削減」であり、均等待遇を課すことで派遣労働の増大に歯止めをかけることにもつながるものです。

「時間がない」として派遣先責任の強化が盛り込まれませんでした。連立与党案にも盛り込まれた、派遣労働者との団体交渉に派遣先企業が応じる義務を課すことや、育児休業を理由とする不利益取り扱い禁止など派遣先企業に対する責任強化が求められます。

見逃せないのは、猶予期間です。

骨抜きをねらう使用者委員の主張を受けて猶予期間が3年とされた上、登録型派遣のうち一部業務について、さらに2年間の猶予期間が設けられました。対象は「比較的問題も少なく労働者のニーズもある業務」と極めてあいまいです。

派遣法の抜本改正は非人間的な「使い捨て労働」をなくすため急務です。先送りは許されません。

報告案の主な内容

 登録型派遣
 原則禁止。専門26業務、産前産後代替要員などは除く

 製造業派遣
 原則禁止。「常用雇用」は除く

 日雇い派遣
 2カ月以下の派遣禁止。政令で例外を規定

 均衡待遇
 均衡を考慮する

 みなし規定

違法派遣の場合、派遣先が労働契約を申し込んだものとみなす。就労させない派遣先に行政の勧告制度を設ける

 マージン(派遣元の取り分)率
 全体の平均率と1人当たりの派遣料金を明示

 施行期日
 登録・製造派遣の原則禁止は3年後。登録型派遣の一部業務はさらに2年間猶予

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3156)

店長過労死、逆転認定 福岡労働局 労基署決定取り消し、遺族提訴へ
sankei-kansai.com/2009/12/30/

福岡市内の外食チェーンで店長を務めていた大阪府出身の男性=当時(31)=が長時間労働による過労死だったかをめぐり、労災認定しなかった福岡東労働基準監督署の決定を、福岡労働局が取り消し、逆転認定していたことが29日、分かった。労基署の判断が覆るケースはまれ。遺族は認定を基に、年明けにも会社側の責任を問う損害賠償請求訴訟を大阪地裁に起こす。

労災申請は労基署で認められなければ、労働局労災審査官に対する審査請求、労働保険審査会への再審査請求と進み、それでも覆らなければ行政訴訟になる。厚生労働省によると、行政訴訟に至る前に逆転認定された例は、平成20年度に過労死で4件、過労自殺は9件にとどまっている。

遺族の代理人弁護士によると、男性は平成14年1月に正社員として採用され、同9月から店長として福岡市内で勤務。18年7月、社員寮の自室で急死しているのが見つかった。

遺族は過労死を疑い労災を申請したが、福岡東労基署は男性が自主申告した営業日報に基づき、直前1カ月の時間外労働を約70時間と推定。20年8月、認定基準の100時間に満たないことなどを理由に不認定処分にした。

遺族はこれを不服として審査請求。福岡労働局労災審査官は、申告された時刻後にもタイムカードの打刻が複数回あり、アルバイト従業員も同時刻まで残業していたことから、
「営業日報上の時間は現実と異なっている」と判断。直前1カ月の時間外労働が約106時間あったとして、今年10月、労災を認定した。

母親「無念少し晴らせた」

「3年越しの朗報。一生懸命働いて死んだ無念を少しは晴らすことができた」。男性の母親(59)は過労死と逆転認定した判断に安堵(あんど)する一方、なお自らを責める苦悩の日々を送っている。

男性は、親元を離れて就職した後は帰省もままならず、母親への電話では、充実した仕事ぶりを伝える話の内容とは裏腹に、声からは持ち前の快活さが失われていった。「やっと仕事が終わって飯食ってます。今3週間休みなしのまっただ中で、日に日にやせ細っています」。こんなメールを知人に送っていたことは、死後初めて知った。

「会社は社員の働き方をきちんと管理しておくべきだった」。会社の責任を問い、再発防止を徹底させるために民事訴訟を起こすことを決意したという。

ただ、会社の責任を問いたくても、訴訟の前提となる労災さえ認められないケースは多い。厚労省によると、労基署による認定率は平成20年度で過労死が51%、過労自殺は41%という。

「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表(60)は「労働者側に立つ担当者かどうかで、労基署の判断が分かれる」と指摘。「遺族の負担を軽くするという観点から、労基署の段階で正しく労災認定すべきだ」と話している。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3487)

病気休職教員、08年度最多8578人 精神疾患が6割

2009年12月26日 Asahi.com

2008年度に病気のため休職した全国の公立学校の教職員は8578人と前年度より509人増え、過去最多を更新したことが25日、文部科学省の調査でわかった。このうち、うつ病や適応障害といった精神疾患は5400人で、前年度比405人増とこちらも過去最多を更新。病気休職全体の63%を占めた。

精神疾患による休職は、10年前に比べると3.15倍に増えている。各教育委員会の聞き取り調査では「生徒指導の問題や教育内容の変化についていけない」「教員同士のコミュニケーションが少なく相談相手がいない」といった訴えが目立ったという。

文科省は教職員の処分(懲戒、訓告、諭旨免職)の状況も調査。「個人情報の不適切な取り扱い」による処分は277人と前年度から59人増え、調査項目を設定した05年度以降で最多になった。子どもの個人情報が入ったパソコンやUSBメモリーを持ち出して紛失したり、ファイル交換ソフトによって流出したりする事案が多かったという。

セクハラを含めた「わいせつ行為」による処分は176人(前年度比12人増)。被害者は、「自校の児童生徒」が49%、「自校の卒業生」が3%。「自校以外の18歳未満」も15%いた。

処分理由で最も多かったのは交通事故の2502人(前年度比28人増)。体罰は376人(同5人増)だった。

調査対象は全国の教職員91万5945人。(中村真理子)

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3489)
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 787
今月 : 21657
総計 : 2354020

ページトップ