情報資料室 - 最新エントリー

表1 脳・心臓疾患で「長期間の過重業務」により支給決定された事案
       (1か月平均の時間外労働時間数別件数)
 年度
平成19年度
 
区分
うち死亡
45時間未満
0
0
45時間以上〜60時間未満
0
0
60時間以上〜80時間未満
28
16
80時間以上〜100時間未満
135
54
100時間以上〜120時間未満
91
25
120時間以上〜140時間未満
39
12
140時間以上〜160時間未満
34
15
160時間以上
35
7
合計
362
129
(参考)支給決定件数
392
142
(注)本表の合計件数と支給決定件数との差は、認定要件のう
ち、「異常な出来事」又は「短期間の過重業務」により支給決定
された事案の件数である。
 
 
表2 精神障害等で支給決定された事案
  (1か月平均の時間外労働時間数別件数)
    年度
平成19年度
 
区分
うち自殺
 
(未遂を含む。)
20時間未満
72
5
20時間以上〜40時間未満
20
7
40時間以上〜60時間未満
11
8
60時間以上〜80時間未満
17
9
80時間以上〜100時間未満
27
11
100時間以上〜120時間未満
39
20
120時間以上〜140時間未満
17
4
140時間以上〜160時間未満
12
4
160時間以上
16
9
合計
231
77
(参考)支給決定件数
268
81
(注)本表の合計件数と支給決定件数との差は、PTSD又は出来
事による心理的負荷の程度が特に過重な場合など、労働時間の
長さをみるまでもなく支給決定された事案等の件数である。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4140)

4月22日第一生命経済研究所が発表

コチラ ← クリックを

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6402)
20代から40代の男性の3人に1人が午後9時以降に夕食を食べるなど、働き盛りの世代を中心に食事の習慣が乱れていることが、厚生労働省の調査でわかりました。
厚生労働省は、平成18年に行った「国民健康・栄養調査」で、日本人の食生活の変化について詳しく調べました。夕食を食べ始める時間を、前回、平成9年の調査結果と比べたところ、20代から60代にかけての世代では、男女とも「午後9時以降」の割合が増えていました。このうち、20代から40代の男性は、いずれの世代も34%を上回り、「午後9時以降」に夕食をとる人が3人に1人を占めていました。女性も、20代が22.8%、30代も11.6%が「午後9時以降」で、前回より大幅に増えていました。一方、朝食を食べない人の割合は、20代の男性が30.6%で最も高く、次いで30代の男性が22.8%、20代の女性が22.5%と、男女とも働き盛りの世代を中心に食事の習慣が乱れていることがわかりました。厚生労働省は「食事をとってすぐに寝ると、脂肪が付きやすく、朝食も食べられなくなるなど、悪循環に陥ってしまう。規則正しい食事の習慣を身に付け、健康に気をつけてほしい」と話しています。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4133)
画期的判決となった松下PDP高裁判決文はこちら
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3536)

    アピール文はコチラです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3428)

    レジメはこちらです。

    資料はこちらです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3697)

   レジメはコチラです。

   資料はコチラです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5117)
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 731
今月 : 17235
総計 : 2444477

ページトップ