催しのお知らせ - 11月12日『過労死は何を告発しているか』出版記念シンポジウムのお知らせ

11月12日『過労死は何を告発しているか』出版記念シンポジウムのお知らせ

2013/10/25 16:08

NPO代表理事・関西大学教授の森岡孝二さんが『過労死は何を告発しているか ― 現代日本の企業と労働』(岩波現代文庫)を出版したことを記念して、大阪過労死問題連絡会との共催により、下記要領で講演会を開催致します。 事前の申し込みは不要です。是非、お気軽にご参加ください。

 
◆記念講演会概要◆
日 時: 11月12日(火)午後6時30分〜8時30分
場 所: 中之島 大阪中央公会堂小会議室(3階)
演 題: 過労死社会ニッポンを語る―諸悪の根源は何か
                               前 座: 桂福点さんの古典落語     
                                  参加費:500円(会場費・資料代)

  ◆著書の概要◆
     なぜ日本人は死ぬまで働くのか。過労死の四半世紀を踏まえて、働きすぎのメカニズムを検証。過重労働と ストレスの要因を解明し、過労死・過労自殺をなくす方策を展望した全勤労者必携の一冊です。(岩波書店「8月の新刊」よ り)定価1302円(本体1240円)

        <目次>
序 章 過労死が社会問題になって四半世紀
   第1章 企業中心社会はいかにして成立したか
第2章 日本的働きすぎと労働時間の二極分化
第3章 賃金不払残業の手法と実態
第4章 日本的生産システムと過労死
第5章 仕事で命を奪われるホワイトカラー
第6章 多発する若者の過労自殺と大学生の就活自殺
終  章 過重労働対策と過労死防止運動

◆森岡会長からのご紹介◆
本書は現代日本の労働時間と過労死をテーマにした拙著『企業中心社会の時間構造―生活摩擦の経済学』(青木書店、1995年)をもとにしています。しかし、今年が「過労死110番」全国ネット開設25周年にあたることから、この四半世紀を視野に入れて全面的に改稿することになりました。旧著の骨格は残っていますが、大半は岩波現代文庫のための書き下ろしの新編集版です。

 

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1168)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/eventinfo/tb.php/13
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 333
今月 : 27718
総計 : 1883441

ページトップ