メーデーの1日、全国各地で集会やデモ行進があった。東京・代々木公園であった全国労働組合総連合(全労連)の中央集会には約3万人(主催者発表)が参加。小田川義和議長は、残業時間に「月100時間未満」などの罰則付き上限規制を導入することを決めた政府の「働き方改革実行計画」を「非人間的な働き方の現状を改善するものではない」と批判。国会で審議中の「共謀罪」法案を「廃案に追い込もう」と呼びかけた。

 全国労働組合連絡協議会(全労協)も東京・日比谷公園で集会を開いた。