注目のニュース - 精神障害者へ「就労パスポート」 企業側と特性など情報共有 定着率向上へ厚労省、今秋にも発行 (9/11)

精神障害者へ「就労パスポート」 企業側と特性など情報共有 定着率向上へ厚労省、今秋にも発行 (9/11)

2019/9/11 8:21

精神障害者へ「就労パスポート」 企業側と特性など情報共有 定着率向上へ厚労省、今秋にも発行
https://mainichi.jp/articles/20190911/ddm/016/100/018000c
毎日新聞2019年9月11日 東京朝刊

民間企業で働く障害者数の推移
精神疾患がある障害者の就労が進む中、仕事に就くだけでなく定着率を高めることが課題の一つになっている。それを支援しようと厚生労働省は今秋にも、一人一人の障害特性などを企業や支援関係者で共有しやすくする「就労パスポート」を発行する予定だ。得意なことや苦手なこと、働くのにどんな配慮が必要かなどを事業主側に把握してもらうことで、採用時のミスマッチを防ぐ狙いがある。【梅田啓祐】

 「職場になじめなかったので辞めた」。20代の頃から統合失調症を患う長崎県佐世保市の男性(55)は、… 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/hotnews/tb.php/1124
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 606
昨日 : 756
今月 : 16932
総計 : 2692744

ページトップ