注目のニュース - 市庁舎の室温25度で…残業14%減、職員の8割強「効率上がった」 姫路市が実験効果発表 (10/8)

市庁舎の室温25度で…残業14%減、職員の8割強「効率上がった」 姫路市が実験効果発表 (10/8)

2019/10/8 8:01

市庁舎の室温25度で…残業14%減、職員の8割強「効率上がった」 姫路市が実験効果発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000002-kobenext-soci
2019/10/8(火) 6:00配信 神戸新聞NEXT

市庁舎の室温25度で…残業14%減、職員の8割強「効率上がった」 姫路市が実験効果発表

〔写真〕姫路市役所

 兵庫県姫路市は7日、市役所本庁舎で冷房時の室内温度を25度に設定した7〜8月、総残業時間が14・3%減少したと発表した。清元秀泰市長が定例会見で明らかにした。職員アンケートでも85%が「業務効率が向上した」と回答。働き方改革への効果があったとして来夏も実証実験を続けるという。

 環境省は冷房時の室温目安を28度とし、全国の自治体も準じている。姫路市は「室温が25度から28度に上がると作業効率が6%低下する」との専門家の分析を基に、7月16日〜8月31日、室温を25度にして職員の労働環境への影響を調べた。

 同市人事課によると、前年7〜8月との比較で職員1人当たりの月平均残業時間が21・6時間から18・7時間に減った。業務効率を選択肢で尋ねたアンケートでも、「とても向上した」と「少し向上した」とで計85%を占めた。

 光熱費は前年から約7万円増えたが、残業時間減少で人件費は約4千万円削減された。清元市長は「経済効率が高いことも裏付けられた」とする。温室効果ガスの排出量も微増にとどまったという。

 同市は、気候や業務量の変動を踏まえ、来夏も実証実験として継続し、データを積み重ねる方針。出張所や衛生センターなどの出先機関にも対象施設を広げるという。(小川 晶) 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/hotnews/tb.php/1296
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 142
昨日 : 696
今月 : 18225
総計 : 2718522

ページトップ