注目のニュース - 労災申請、校長認めず 熊本県南の特別支援学校講師、パワハラ退職 (11/4)

労災申請、校長認めず 熊本県南の特別支援学校講師、パワハラ退職 (11/4)

2019/11/5 17:18

労災申請、校長認めず 熊本県南の特別支援学校講師、パワハラ退職
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000001-kumanichi-l43
2019/11/4(月) 8:07配信 熊本日日新聞

 熊本県南の県立特別支援学校に勤務していた30代男性講師がパワーハラスメントが原因とみられるうつ病で退職した問題で、男性講師が公務員の労災に当たる公務災害の認定を申請しようとしたが、同校の校長が「申請しても無駄」と言い、断念させていたことが3日、分かった。

 男性講師によると、公務災害の申請は、退職した今年8月ごろ、校長に数回申し出た。校長はメールで「県教育委員会がパワハラを認めていないので申請できない」「現場を見ている第三者がいないので申請は無理」と説明したため、断念したという。

 県教委学校人事課によると、実際は第三者が現場を見ていなくても申請することができる。

 校長は、熊日の取材に対して「申請後の調査が長期間になると聞き、本人の体調を考慮して申請を止めたが、制度をよく理解していなかった。本人がもう一度申請を希望するならば、協力したい」と釈明している。

 男性は2017年に同校に赴任。同じクラスを担当する女性教諭によるパワハラが要因として19年1月、うつ病と診断された。男性は自殺を図り、約1週間入院。その後2カ月間休み、8月に退職した。校長らによると、女性教諭は男性講師に対する発言の一部は認めているが、「パワハラ行為ではない」と話しているという。
 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (30)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/hotnews/tb.php/1476
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 391
昨日 : 801
今月 : 13944
総計 : 2739052

ページトップ