注目のニュース - 日本航空、CAに「ヒールなし」容認「安全・健康配慮」 #KuToo他業界でも (3/25)

日本航空、CAに「ヒールなし」容認「安全・健康配慮」 #KuToo他業界でも (3/25)

2020/3/26 11:29

日本航空、CAに「ヒールなし」容認「安全・健康配慮」 #KuToo他業界でも
https://mainichi.jp/articles/20200324/k00/00m/040/190000c
毎日新聞2020年3月25日 15時00分(最終更新 3月25日 15時07分)

〔写真〕4月から着用されるJALの新制服。客室乗務員用に初めてパンツスタイル(前列左から2人目)も採用し、靴の規定も見直した=東京都大田区で黒川将光撮影

 日本航空(JAL)は4月1日から、女性の客室乗務員(CA)らにヒールのある靴を着用するよう定めていた服装規定を見直す。今後はヒールのないローファーなども可能とする。職場で女性のみにヒールのある靴を強制するルールに対しては昨年、女優でライターの石川優実さんがツイッター上で反対の声を上げ、「#KuToo」というハッシュタグで賛同が広がった。機能性や安全性より「女性らしさ」が重視される職場の慣例を見直そうという動きは、航空業界以外でも広がっている。【塩田彩、中川聡子/統合デジタル取材センター】

 JALは女性CA向けに、初めてパンツスタイルの制服を導入するのに合わせて、靴の規定も見直した。広報部担当者によると、従来はヒールの高さをCAは3〜4センチ、地上職員は3〜6センチと規定し、デザインも甲が広く開いた「パンプス」と定めていた。変更後は、ヒールの高さをいずれも0〜4センチに改め、「黒色でデザインがプレーンなもの」であれば、ローファーなども可能にするという。

 制服の刷新や靴規定の見直しは、社内のワーキングチームで検討され、実際に着用する社員の意見が反映されたという。社員からは「より自分にフィットする靴を選べるようにしてほしい」「作業しやすい靴で業務に当たりたい」といった意見があったといい、担当者は「安全性や健康面も含め、着用する社員の多様なニーズに配慮して取り入れた」と話した。 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/hotnews/tb.php/2511
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 600
昨日 : 2348
今月 : 65053
総計 : 2967265

ページトップ