注目のニュース - 「就職氷河期世代」を正社員に 大阪労働局が全国初の専用相談窓口を常設 (7/5)

「就職氷河期世代」を正社員に 大阪労働局が全国初の専用相談窓口を常設 (7/5)

2019/7/6 9:05

「就職氷河期世代」を正社員に 大阪労働局が全国初の専用相談窓口を常設

2019.7.5 12:08産経WEST
 
〔写真〕 大阪市内で開かれた「就職氷河期世代」の支援セミナー。35〜44歳の23人が参加した=5日午前、同市北区
 
 バブル崩壊後の不況期に就職活動をした「就職氷河期世代」に正社員としての就労機会を提供しようと、大阪労働局は5日、大阪市北区で就労支援セミナーを開いた。臨時雇用など不安定就労が長期にわたる35〜44歳の男女23人が参加し、将来に向けたキャリアプランを模索した。
 
 内閣府によると、平成5〜16年ごろに就職活動をした氷河期世代は30〜40代の約1700万人に上り、うち約400万人が非正規雇用や無職とされる。政府は6月、氷河期世代を集中支援する方針を打ち出し、今後3年間で正規雇用を30万人増やす目標を掲げた。
 
 これを受けて大阪労働局は今月1日、大阪市内のハローワーク2カ所に氷河期世代の正社員希望者に対する相談窓口を設置。全国の労働局に先駆けて本格的なサポートに乗り出した。同局によると、氷河期世代に限定した常設の窓口設置は全国で初という。
 
 市内で開かれたセミナーでは、人手不足で「売り手市場」となっている近年の就職環境を説明。講師の産業カウンセラーが「多くの求人が舞い込む今のチャンスを生かしてほしい」と訴えた。参加者の職業適性を見極めるワークショップも行われた。
 
 大阪労働局の担当者は「正社員としての就労機会に恵まれてこなかった氷河期世代には、自身の経歴に負い目を感じていたり、過去の就労体験を振り返ることが困難だったりする人も大勢いる。まずは未来をポジティブに捉え、自身の可能性を信じてもらうことが大事だと思う」と話した。
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (86)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/hotnews/tb.php/878
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 54
昨日 : 862
今月 : 6274
総計 : 2753180

ページトップ