トピックス - 府立高校教務補助員305人解雇、橋下知事「橋ライトアップ1.8億円」

府立高校教務補助員305人解雇、橋下知事「橋ライトアップ1.8億円」

2008/6/8 0:00
5日公表の「大阪維新」プログラム(案)は、新自由主義にそった自治体市場化そのもの、政府と財界の入り知恵である。そのなかで、府立高校の教務補助員305人が来年度に任用しない、すなわち全員解雇が言い渡されたのである。もちろん、これを許さないたたかいが開始されてはいる。解雇の前に10%の賃下げ、今年3月に30円日給が引き上がったが今年の8月からは210円賃下げされ日給は5220円と市場賃金より低い劣悪なもの。そして解雇。20年間働いた人も、図書館書司の資格もとり、放課後の重要な役割も果たしている。解雇されれば、高校の図書館は閉鎖されるだろう。教務補助の仕事は、今、中学校に生徒募集のためのチラシづくり、2日間で2万枚を他の仕事の最中に印刷し、二折りしているなどである。PTを聞いて、組合事務所に向かう途中、涙が止まらなかったと。書記長の話を聞き、仲間を話し合ったら、元気になった。頑張りたいと話していました。組合員も27人増え、127人になった。生活かけて頑張りたいと。帰りの夕刊に、橋下知事「橋ライトアップに1.8億円」と。この男、平然と教育日本一(効率学校の充実・強化)と言い放っているのだが。これも、新自由主義のドグマか(服部信一郎)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6177)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://hatarakikata.net/modules/topics/tb.php/36
参照元
元露鵬「親方衆が自白を強要」2008/9/12 16:45
た。11日、3日ぶりに本人と対面した代理人塩谷安男弁護士(58)が会見。2日に行われた再発防止検討委員会(再防委)が終了し、大西先生ら専門委員が退室した後に、露鵬は親方衆5人に「認めさえすればいいんだよ。それでそれ以上問題にならない」と迫られたといい、あらためて解雇処分の撤回を求める意思を示した。 また、13日にも再防......more
ニュースサイト
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 24
昨日 : 753
今月 : 14818
総計 : 2666668

ページトップ