ASU-NETとは  >  ASU-NETとは
ASU-NETとは

ASU-NETとは

  働き方ASU-NETは2013年7月末にNPO法人として認証されました。ASU-NETは、活動家支援共同(Activist Support Union)の略称です。〈働き方〉をキーワードに若者と中高年が手をつなぐ労働者・市民連携のネットワークとして活動します。

 総務省「就業構造基本調査」の2012年結果によれば、パート・アルバイト・派遣などの非正規労働者は、2043万人、38.2%でした。30年前と比べて実数で3倍、比率で2.3倍に増えています。非正規労働者の大多数は年収200万円以下であるために、1人で生計を立てる場合は、勤勉に働いても日々の必要にも事欠く貧困な生活を余儀なくされています。

 非正規の短時間労働者の増加にともない、男女計の平均労働時間は減少してきましたが、男性正社員を中心とするフルタイム労働者は相変わらず働きすぎです。そのために、過労自殺を含む過労死の労災請求件数は増え続けています。とくに近年は、職場における若者に対するいじめ・パワハラやブラック企業的な酷い働かせ方が広がっています。

 わたしたちは2006年9月に本会の前身である働き方ネット大阪を設立し、ホワイトカラー・エグゼンプション、派遣労働、パート雇用、官製ワーキングプア、ブラック企業、不況、震災・原発、格差、貧困、生活保護などの問題に取り組んできました。

 働き方ASU-NETはこれらの活動をさらに発展させ、まともな働き方の実現とその担い手の育成を目指して、若者の支援に取り組むとともに、雇用・労働に関する情報発信、各種講座の開催、講師派遣活動、研究調査活動と政策提言を行っていきます。

代表理事 森岡孝二
   (関西大学経済学部教授)
代表理事 岩城 穣
   (弁護士・ストップ過労死
    実行委員会事務局長)

働き方ASU-NETはみなさんのお役に立ちます

【知る】

アクセスの多さを誇るブログには雇用・労働に関する有益な情報が満載です。

【学ぶ】

労働問題と経済問題に関する各種講座、ゼミ、学習会などを開催します。

【調べる】

働き方をめぐる諸問題に関して調査研究と政策提言を行います。

【使う】

事務所は当会の理事の紹介があれば、他の市民団体の会議、ミニ集会などのために低料金でお貸しします。
(お申し込みはメールで団体名、使用責任者名、利用日時間帯、携帯電話番号をお送りください)。

<ご参考> 「働き方ネット大阪」のこれまでの主な集い
年月 テーマ 講師
第1回 2006年9月 ストップ・ザ・エグゼンプション 森岡孝二
第3回 2007年5月 ワーキングプア―アメリカの真実 D. シプラー
第6回 2008年7月 なくせ貧困―生存権と労働運動 湯浅 誠
第9回 2009年4月 働き方をどう変えるか―民主党に注文する 五十嵐 仁
第13回 2010年10月 アメリカの社会改革と労働団体の役割 J. ハインツ
第15回 2011年12月 就職難とブラック企業 川村遼平
第17回 2012年12月 あかんやないか! 今の働き方と貧困 竹信三恵子
プリンタ用画面

閲覧数:19452
カテゴリートップ
ASU-NETとは
次
住所・連絡先・アクセス
コンテンツ
サイドメニュー1
サイドメニュー2

> ご入会申込フォーム

> わかもの労働相談

訪問者記録
今日 : 440
今月 : 27375
総計 : 2059066

ページトップ